NEXTREND

東京を思わず飛び出したくなるような世界や日本の地方にある素敵なものを紹介しています。

簡単にできて美味しいタイ料理【カオマンガイ】

今、渋谷ですごい行列ができているお店があります。

f:id:nextrend:20140821232406j:plain
その名も【ガイトーン東京】

カオマンガイという食べ物の専門店です。

◼︎ カオマンガイって何?

タイ料理といえば、トムヤムクンパッタイ、ガパオ、グリーンカレーはよく聞くけれど、カオマンガイって何………?という方もいるのではないでしょうか。
カオマンガイ」とは東南アジア風のチキンライスです。

f:id:nextrend:20140821232751j:plain


日本でチキンライスというとケチャップで味付けされ、一口サイズの鶏肉が入ったごはんなのですが、東南アジアのチキンライスはかなりシンプルです。
鶏肉の出汁で炊いたお米に茹でた鶏肉を豪快にのせて、スパイシーなタレを添えるだけです。

これが本当に美味しいんです!

◼︎ シンガポールのチキンライスとの違い

東南アジアのチキンライスといえば、日本で先に流行ったのがシンガポールのチキンライスです。
さて、シンガポールのチキンライスとタイのチキンライスの違いは何でしょう?

f:id:nextrend:20140821233508j:plain
正解は【タレ】です!
シンガポールは、醤油系、スイートチリソース、生姜とレモン味の 3 種類のソースが一緒に出てきます。

しかし、タイの方のチキンライスは「ナムチム」と呼ばれるタレ 1 種類勝負です。
ナムチムは唐辛子、生姜、味噌を混ぜたようなコクのある味です。

◼︎ 優しいお味!

タイの方々って本当にスリムな体型の方が多いと思います。
アジア人は基本的に、痩せ型の人種だとは思いますがタイの方は本当に肥満率が低い気がします。
料理はあんなにも美味しいのに、やはり料理の油が少なかったりとヘルシーなんです。

このカオマンガイも野菜はないものの、胃にもたれない優しい味です。

◼︎ 家でも簡単に作れます!

実は私は世界中の料理本を集めるのが趣味です。
海外旅行に行っては現地の英語で書かれたレシピ本を探し、買って帰ります。
タイのレシピを参考にカオマンガイを作ってみました。

f:id:nextrend:20140821233416j:plain

なんとも簡単なので、失敗するリスクが少ないです。

カオマンガイの作り方>
◼︎ 材料 ◼︎
・お米 : 1合
・鶏もも肉 : 150g
・しょうが : 千切り1かけ
・ねぎ: はじっこ5cmくらい
ナンプラー: 小さじ 1
・鶏ガラ: 小さじ1/2
・塩コショウ: 少々

  • タレの材料(ナムチム用)

・サラダ油: 大さじ1
ナンプラー: 大さじ1
・レモン: 大さじ1
・しょうゆ: 小さじ1
オイスターソース: 小さじ1
・にんにく、しょうが: みじんぎり小さじ1
・ねぎ: みじんぎり小さじ1

◼︎ 作り方 ◼︎
(1) 炊飯器でお米をとぎ、ねぎ、しょうがを千切りにしてのせる。お水は通常と同じ分量で、ナンプラー、鶏ガラを入れます。

(2) 鶏肉にフォークで穴をあけ、1番の炊飯器の中に入れます。上から塩コショウを振って、そのまま炊飯器のスイッチをONにし炊きます。

(3) タレの材料を合わせます。

(4) ごはんが炊けたら、鶏肉を取り出して切り、ご飯と一緒に盛り付けます。

(5) 完成!タレをかけながら食べてください。

ちなみにシンプルすぎるのも....と思い、我が家で作った際には炊飯の時にアルミホイルで包んだ卵を一緒に炊き、ゆで卵を作り添えました!

お家でとっても簡単につくれます☆
ぜひお試しください:)