NEXTREND

東京を思わず飛び出したくなるような世界や日本の地方にある素敵なものを紹介しています。

カリフォルニアに行ったら絶対に食べたい絶品ハンバーガー

ハンバーガーといえばハワイを連想する人も多いのではないでしょうか。
実はカリフォルニア州から生まれ、雨の日も風の日も大勢のお客さんが長蛇の列を作るハンバーガー屋さんがあります。

その名も「In-N-Out Burger」!
f:id:nextrend:20140622000444j:plain
(アメリカの人は「and」を「N」一文字で表現します。)

さて、この In-N-Out burger 何が他と違うかと言うと大きく 3つの理由があります。

1. 新鮮!作りたての味

大人気である一番の理由はやっぱり味です。とにかく美味しいです。
ハンバーガーにサウザンアイランドのような味のソースがたまりません。
今や、どのハンバーガーチェーンでも当然になりつつありますが、注文してから作ってくれます。
そしてなんといっても、すごく新鮮です。
食材を「絶対に冷凍しない」というポリシーを常に守り、ハンバーガーだけでなくポテトもファストフードとは思えないクオリティを成し遂げています。

この鮮度を保つためにカリフォルニアよりも遠く離れた地域にはなかなか進出できずにいます。
日本にも実は一日限定でオープンしたことがあります。
事前告知もなく急にできた臨時店舗にも関わらず二時間程の行列に並ばないと食べられなかった伝説のお店です。

2. カスタマーサービスがすごい

チップ大国アメリカはチップを通常渡さないファストフード店などでは、良いサービスを受けにくい傾向にあります。
しかし「In-N-Out Burger」は質の良いサービスにもとことんこだわっています。
その最たる例として、「ハイブリッド ドライブスルー」というものがあります。
何がハイブリッドなのかというと、私たちの想像するマイク越しに注文し、店員のいるところまで進み、お金を払って、商品を受け取るドライブスルーのシステムに加えて、四人の店員さんが実際に車まで行き、注文を聞き、お金をもらって、商品を車まで持ってきてくれるというサービスを併用しています。

特に天気が悪い時やランチタイムのようにドライブスルーが混み合う時には、このサービスのおかげでより円滑にお客様にハンバーガーを提供できます。


3. シークレットメニュー

そして、このハンバーガー屋さんでなんといっても有名なのがシークレットメニューです。
店舗にあるメニューは非常にシンプル。
ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルダブル(パテとチーズが2枚ずつ入ったダブルチーズバーガー) のたった3つです。
しかしながら、ファンの間ではすごく有名な隠れメニューが非常に多数存在するのです。

例えば、「アニマルスタイル ポテト」。
こればフライドポテトの上にハンバーガーで使われているサウザンアイランドのようなソースと、チーズ、玉ねぎをたっぷりのせたものです。
(冒頭の写真に写っているのもこのアニマルスタイルのポテトです)

アニマルスタイルのハンバーガー」というのもあります。
ファンの中では一番人気のハンバーガーで、通常のバーガーにピクルス、マスタードが加えられ、生オニオンではなく焼いたオニオンと通常よりも多いサウザンアイランドソースがかかっています。

また「プロテインスタイル」と頼むと、バンズの代わりにレタスで包まれたハンバーガーがでてきます。
フライングダッチマン」は 2つのパテと2つのチーズだけのもはやハンバーガーの領域を越えた食べ物です。
パテが不要な人は「ベジ バーガー」を注文すると肉抜きのハンバーガーが出てきます。

シェイクが好きな方はぜひ「ナポレオン」と注文してみてください。
なんとバニラ、ストロベリー、チョコの 3つの味が混ざったシェイクを体験できます。

これらの理由より「In-N-Out Burger」は 1948年の創業以来ずっと人気を誇っています。
ぜひカリフォルニアに訪れた際には足を運んでみてください。